陰部脱毛を自分でするには

現在、脱毛専門のサロンも存在する中、脇や足の脱毛は出来ても陰部の脱毛には恥ずかしくて抵抗がある人も世の中にはいます。そんな陰部脱毛を自分ではできないものでしょうか。実は、キチンとした方法を使えば、定期的に陰部脱毛を剃ることは可能となります。では、「脱毛」と考えると一番最初に考えつく方法とはどんなものがあるでしょうか。真っ先に考えつくのは「カミソリ」で剃ることであったり、「毛抜き」で抜くことでしょう。実はこの2つの方法は、陰部の脱毛にはオススメ出来ない理由があります。カミソリで剃る方法では、チクチクという感覚がなかなか消えず、意外と毛が伸びるのも早いでしょう。ならば毛抜きを使えばチクチクしないですが、実は皮膚にダメージを与え、毛が皮膚の中から出てこない「埋没毛」が起きてしまいます。その結果、黒いポツポツとした痕が生まれてしまいます。陰部の脱毛をするなら、光脱毛やヒートカッターでするのが肌への負担が少なく、毛がチクチクとすることはないでしょう。理想のラインを決め、定期的な陰部脱毛をすれば、陰部の毛に不満を感じることもなくなります。

陰部脱毛を行う方法とは

永久脱毛をしたいと思っていても、部分によってはそれが難しいことがあります。特に陰部脱毛はデリケートな部分なので、ダメージも大きくなります。それだけではなく、クリニックやサロンで処理をしてもらうことに抵抗を感じる人も多いです。陰部脱毛を行っているクリニックやサロンの数も限られています。どこでも行うことができるわけではないので、対応をしているところをインターネットで探しておくとよいです。クチコミでも実際に施術を行った経験のある人の声を参考にすることが出来るようになっているので、確認をしてみるとよいです。お肌も柔らかいので施術をする際に痛みが大きい可能性もあります。痛みも少なく、仕上がりもきれいな方法を提案してくれるサロンやクリニックを探して、好みの状態にしてくれるようにカウンセリングを受けてみるとよいです。

陰部脱毛は若いうちに!恥ずかしくないよ!

陰部脱毛は海外ではとても一般的なようです。私自身、陰部の光脱毛に通っている最中なので、完全ではないのですが、それでも水着になったりしたときにとても楽です。施術してくださる方に聞いたのですが、これはもしかしたら光脱毛に限ったことなのですが、脱毛は若いうちにやっておいたほうが良いそうです。それは、どういうことかと言いますと白髪になると光脱毛では対応できないからだそうです。光脱毛は一般的に費用がほかに比べると安くできます。白髪の場合はニードル脱毛という方法になるそうで、とても痛いと聞きました。お値段も高いそうです。ワキや足や腕は結構脱毛される方も多いですが、陰部は少し勇気がいりますよね。私も勇気がいりました。やはり何となく恥ずかしい気持ちがありましたが、施術してくださる方はプロなので大丈夫ですよ。

女性からみて、男性の身体のパーツでは胸・腕・脚・下半身という順位で脱毛すると好感度アップになります。 VラインやOラインの脱毛はゲイの方にも人気です。 オンナ達にとって、生理的にダメダメの男はどんな人か明かされます。 脱毛されたニューハーフの方・ゲイの方がメディアにも取り上げられ、活躍されております。 毛深い方がモテると思っている男性に知ってもらい、オンナが語る本音の座談会が必見です。 陰部脱毛で人気のRINXへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*